旧車 スカイラインへの思い

旧車、そして旧車会という言葉。 なんとも魅力的な響きがあります。

旧車ときくと、過ぎ去りしあの頃のさまざまな思い出がよみがえってきます。
当時は旧車ではなく、まっさらの新車でしたが・・・・・

毎週せっせとワックス掛けをしてはその感触を確かめていました。
あの滑らかな曲線美、圧倒的な存在感、そしてエキゾーストノイズ・・・・・

いとしい彼女も時にはやきもちを妬くほどでした。

そして今また、あの名車を手に入れる機会が私に訪れようとしています。
今度は "旧車" スカイライン2000GT−R (通称:「ハコスカ」 ) として・・・

前回と違う事、それは "旧車" という歴史と伝説のベールまでも、まとっているということです。

かつての恋人は私の妻としてよき歳をかさねてくれました。

けれど彼スカイライン2000GT−Rは、今 "旧車" として、かつての輝かしきころのままの姿で、私の目の前にいるのです。



FX取引で儲ける QLOOKアクセス解析