ハコスカの思い出


今も旧車会の花形的存在。
旧車のプリンス スカイライン2000GT−R・・・・・通称 「ハコスカ

彼がデビューしたのは1962年の2月。 初めて 「R」 の名を冠したスカイラインの誕生でした。

その心臓部は1966年の日本GP で宿敵ポルシェを駆逐したプロトタイプ 「R380」 をベースに改良を加えたS20型。
最高出力160馬力、最高速度200km/h、ゼロヨン16秒という当時としては驚異的な性能を誇っていました。

1970年10月、ハコスカ後期 スカイライン2000GT−R 2ドアハードトップ誕生。
負ければニュースになるとまで言われた GT−R黄金時代を築いた名車
ハコスカ」の通称もすっかり定着。
GT−R 50勝目の栄冠を勝ち取った車としてあまりにも有名!

1971年9月 後期ハコスカのマイナーチェンジが行われる。
まさに技術革新の黄金期と言える時代でした。

そして1973年1月 あの 「ケンメリ」 が遂に誕生します。
ロングノーズ ショートテールの美しいボディ。
初代を彷彿とさせる丸目のテールランプ。

あのコマーシャルメロディーと共に時代を駆け抜けました。
「ハコスカ」 と並ぶスカイラインの名車です。



FX取引で儲ける QLOOKアクセス解析